セキュリティ/法令順守

ISMS基本方針

当社は、情報加工事業において、多くの個人情報や企業情報を取扱う中で、お客様との信頼関係を築き、安心して、仕事を頼んでいただける会社作りを目指します。
 そのために「情報セキュリティ基本方針」を定め、下記事項を常に念頭に置き、役員、社員および当社の業務に関わるすべての関係者に周知徹底し、この方針に従い適切な情報資産の保護に努めます。
(1) 情報セキュリティの基本的な維持事項である「機密性」 「完全性」及び「可用性」を確保し維持します。
(2) 情報セキュリティを維持、管理するため、情報セキュリティマネジメントシステムを 確立し、実施し、維持し、 定期的に遵守状況を点検・見直し、社会や社内の環境変化に応じて、継続的改善に努めます。
(3) 法令、国が定める指針その他の規範並びに契約上のセキュリティ義務を遵守し、社会的責任を果たします。
(4) リスクを評価する基準及びリスクアセスメントの構造を確立します。
(5) リスクアセスメントで明確になったリスクを低減するための最適な情報セキュリティ対策を講じます。
(6) 重大な障害または災害から事業活動が中断しないように、予防及び回復手順を策定し、定期的な見直しをします。
(7) 情報セキュリティの教育・研修を適応範囲すべての社員に対して定期的に実施します。
(8) 情報セキュリティの違反及び、疑いある弱点のすべてが報告され、調査いたします。


個人情報保護方針

当社は、情報加工事業において、多くの個人情報や企業情報を取扱う中で、お客様との信頼関係を築き、安心して仕事を頼んでいただける会社作りを目指します。
 これらの事業活動を行う企業責任として、個人情報保護のマネジメントシステムを確立し、実施し、維持し、かつ改善し、確実な管理体制と安全な管理手順のもと個人情報全般の運用、取り扱いを行う必要があります。
 さらに、個人情報保護法などの法遵守は当社の基本的企業理念であり、お客様の信頼と支持がさらなる企業発展の最大要因と捉え、個人情報を適正に管理し、お客様のご要望に沿って利用することが使命と認識しております。
 そのために「個人情報保護方針」を策定し下記事項を常に念頭に置き、役員、社員及び当社の業務に関わるすべての関係者に周知徹底し、この方針に従い適切な個人情報保護に努めております。

(1) 利用目的を当社の正当な事業範囲内で明確に定め、その目的達成のために必要な限度において、公正且つ適正な方法で個人情報の取得、利用、および提供を行ないます。また、目的外利用を禁止し、防止する措置を講じます。
(2) 個人情報に関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守し、社会的責任を果たします。
(3) 当社が取扱う個人情報への漏えい、滅失又はき損について組織、技術、社員教育等の予防及び是正の措置を講じます。
(4) 苦情及び相談の窓口の設置及び責任者を任命し、速やかに対応します。
(5) 個人情報保護マネジメントシステムを確立し、実施し、維持し、定期的に遵守状況を点検・見直し、社会や社内の環境変化に応じて、継続的改善に努めます


複写物に関する法令順守

偽造・不正使用防止のためのコピー制限
通貨、有価証券類
紙幣、貨幣、小切手、株券、証券、債券、手形、商品券、切手、官製葉書、収入印紙、交通機関切符、回数券、定期券、各種入場券、その他有価証券につきましては、コピーをお断りさせて頂きます。

証明書類
運転免許証、パスポート、健康保険証、資格免許状、資格証明書、その他各種証明書及び権利義務に関する文書につきましては、使用目的等を確認させて頂く場合があります。

著作権保護のためのコピー制限
文章、歌詩、楽譜、書籍、デザイン、映像、写真、新聞、雑誌、脚本、テキスト、マニュアル、地図、図面、商標・ロゴマーク等、データ及び原稿が著作物に該当する場合につきましては、事前にお客様ご自身で著作権者、またはその権利を有する機関等で書面にて許可を取得していただきますようお願いします。
※著作権とは上記に挙げる例などの著作物を保護する権利の事です。

公序良俗に反するコピー制限
公序良俗に反する内容(アダルト、わいせつ物等)の文章、写真、図画等につきましてはデータ及び原稿のコピー及び複写をお断りさせていただくことがございます。 なお、当社は、上記のいずれの場合におきましても、お客様に御使用目的をお伺いする場合がございますので、あらかじめご了承下さい。